Menu
実施レポートAIDORアクセラレーション
10日目・11日目

実践講座
「ビジネス検証ワークショップ」

1日目:ビジネスの仮説は正しいのか?ソリューションをテストする

こんにちは。AIDORアクセラレーションプログラム プロジェクトリーダーのマツイデです。

アイデアをリーンキャンバスに落とし込み、顧客の課題や市場規模、価格や収益の流れなど、ビジネスモデルと向き合った「ビジネスデザインワークショップ」から、約1ヶ月が経ちました。この1ヶ月の間で、今考えているビジネスの仮説が正しいのかどうかを、実際のユーザーとなる方にヒアリングをしてみる、というハラハラドキドキする宿題に取り組んだ受講生の皆さん。

「今、自分が想定している課題は、ユーザーにとって本当に課題となっているのか?」「その課題を解決するサービスがあれば、いくら払ってくれるのか?」など、前回のワークショップで学んだヒアリング方法を実践し、身近なところでは自分の家族や友達から、また、ビジネスパートナーや子どもが通っている施設の先生など、様々なツテを頼り、ヒアリングを実施していました。

そしてヒアリングの結果、想定していた回答が得られたチーム、そんなサービスは必要ないと言われてしまったチームなど様々でしたが、立ち止まっている時間はありません。リーンキャンバスを見直しつつ、今回のビジネス検証ワークショップでは、さらにビジネスの仮説を検証していくために、「ソリューションストーリーボード」を作成していきます。

「ソリューションストーリーボード」では、今考えているサービスを、「ユーザーへの認知」、「購入決定」、「価値の提供」、「ビジネスの拡大」、、、といった、いくつかの重要な場面に分けて、それぞれの場面がうまくいくためにクリアすべき課題や仮説を洗い出していきます。

その作業によって、「認知してもらうための仕組みをもっと考える必要があるな・・・」という具合に、足りない部分が明確になり、よりビジネスモデルとしてブラッシュアップされていくのです。

2日目:MVPを作り、さらにブラッシュアップ!

2日目は、ソリューションストーリーボードの完成と、MVP(Minimum Viable Product)の開発に向けて検討を始めます。MVPとは、「実用最小限の製品」のこと。顧客の求めない機能を作り込む前に、今考えている製品・サービスの最小限の機能を備えたものを簡単に作り、テストするためのものです。このテストを繰り返すことにより、ユーザーの課題とソリューションが一致しているのかを確かめながら、より早くブラッシュアップしていくことができるのです。

各チーム、MVPとして何を作るかを検討し、実際に簡単なプログラムや、ウェブサイトやチラシといった営業ツールの作成に取り掛かるチームもありました。そして2日間の最後に、このMVPとソリューションストーリーボードをみんなの前で発表しました。

講義を通して

今まで自分の頭の中だけにあってうまく伝えられていなかったことが、MVPやプレゼン資料を作ることによってとても分かりやすく伝わり、各チームの発表では他のチームからたくさんの質問がきて、新たな発見にも繋がっていました。

AIDORアクセラレーションの良いところは、このように、横の繋がりができることにもあります。同じ目標を抱えるもの同士、悩みを相談し合ったり、一緒に喜んだりして成長していくことができるのは、何歳になっても良いものだなぁ。。・・・そんなことを改めて思った2日間のワークショップでした。

さぁ次は、プレゼンテーション研修です。引き続き、ヒアリングやリーンキャンバスの見直しなどを繰り返しつつ、今後、投資や協業パートナーを探すために必要な「自分のビジネスを伝える方法」を学びます。乞うご期待!

プログラム応募方法

参加対象

  • IoT・ロボットテクノロジーを活用したビジネスで、起業をめざしている方(起業をめざす学生も可)
  • IoT・ロボットテクノロジーを活用したサービスの新規事業立ち上げや社内起業をめざしている方

参加資格

下記のすべての条件を満たしていること

  • IoT・ロボットテクノロジーを活用したビジネスプランもしくはビジネスアイデアを保有していること
  • パソコンの基本操作、Officeソフト(ワード、エクセル、パワーポイント)による データ作成技術を有していること
  • ソフトウェア開発または、ハードウェア開発の基本的な知識・技術を少なくともチームメンバー1名が有していること
    基本的なレベルの例
    RaspberryPiをベースにした簡単なセンサデバイスを作ったことがある、任意のプログラミング言語を使用しコーデンィングが出来るなど。
    判断が難しい場合は事務局にお問い合わせ下さい
  • ノートPCを持参できること(OSは問いません)
  • 15歳以上の方(未成年の方は、保護者の同意が必要です)

参加の流れ

  1. エントリーフォームを入力
  2. エントリーシートを提出
    *所定用紙にご入力いただき、事務局にメールでお送りいただきます。
    なお、エントリーシートのダウンロード先と、メールの送信先は、エントリーご連絡後の自動返信メールにてご案内いたします。
  3. 面談
    専門コーディネーターにビジネスプランについてお話いただきます。
    インタビューを通して、ステージやスキルに合った最適なプログラムをご提案します。
    また、本プログラムについての詳細のご説明をいたします。
  4. プログラムスタート

プログラム受講料

60,000円(学生30,000円)、チーム参加30,000円/1人

  • ※価格は税込
  • ※全講座受講の場合は、50,000円(学生またはチーム参加の場合は、25,000円/1人)に値引となります
  • ※ご参加いただかない講座・カリキュラム分は値引となります
  • ※詳細は受講前の面談の際にご確認ください
一人当たり受講料金(税込) 単独参加 チーム参加 学生
通常申込 60,000円 30,000円 30,000円
全講座受講(値引) 50,000円 25,000円 25,000円
基礎講座受講料 4,000円