Menu
インタビュー 合同会社ユキサキ

AIDORは、行動の背中を押してくれるプログラムでした。

合同会社ユキサキ
代表/クリエイティブディレクター 神野太志氏

AIDORプログラムを通じて進めているビジネスは、どのようなものですか?

IoT&シェアリングエコノミーを組合せた『エーヨ!』を展開中

 本業はチラシなどの販促物を制作するグラフィックデザイン業務を行っています。その本業の中で、お客様が抱えている課題に気づきました。その課題の一つが販促物の有効的な利用方法であり、もう一つが店舗経営するお客様の望みは抜本的な売上や集客数のアップであることです。そこでIoTとシェアリングエコノミーを組合せた『エーヨ!』というサービスを展開することを思いつきました。
 『エーヨ!』は、店舗や施設の空きスペースを活用したい人と、それらのスペースを利用して告知したい人をつなぐマッチングプラットフォームとなります。利用者のタイプは二通りです。「お店や施設の人」は、店舗や施設でチラシなどが置ける告知(空き)スペースを登録します。「告知したい人」は、『エーヨ!』内の数あるスペースの中から気に入った場所を見つけて、利用申込を行うというものです。成約すれば、告知する側がお店側に利用料金を支払い、その一部を手数料として当社が貰い受けるビジネスモデルとなっています。
 現在、告知スペースとして登録されているのが東京・福岡・京都を中心に60件ほどです。属性としては、飲食店をはじめ美容室やホテル、ペット系ショップ、お寺などがあります。利用者も年々増加傾向で、告知側のリピート率は80%以上です。利用目的としてチラシの設置だけでなく、演劇・舞台の案内や作品や小物の販売スペースとして活用されている方もいます。当社としては、将来的に告知スペース件数を1万件まで伸ばすことを目標としています。

AIDORに参加したきっかけと、参加当時のビジネスレベルを教えてください

AIDORで空間の価値を計る『空間視聴率』を形にするのが目的

 AIDOR参加以前から『エーヨ!』のサービスはスタートしていましたが、ビジネス的にもっと大きく広げていきたいという想いがありました。そんな時にimedioのセミナーでAIDORアクセラレーションプログラムを知って、IoTやAIという自分の持っていない技術に、とても興味を持ちました。
加えて、前々から個人的に考えていたのが、『空間視聴率』の構想です。空間視聴率とは、「そのスペースに対して、実際にどれだけの人が通過し、どれだけの人が視認したのか」を数値化する概念になります。これをIoT技術で形にしたいというのが、今回のAIDORアクセラレーションプログラムに参加を決めた一番の理由です。  なので参加当初、空間視聴率のイメージはあったものの、モノとしてのレベルはまったくのゼロベースです。そこで、まず実現できる「技術者探し」をはじめました。とはいえ、当初はどのようなタイプの専門家を探せばよいのか見当もつかない状態でしたので、AIDORではそうした知識面でのサポートをしてもらいました。そして、最終的には某大学の教授と出会うことができ、開発段階へと進むことができました。
 現状で空間視聴率の測定は、ビデオカメラで撮影した映像を持ち帰ってデータ解析する方法で行っていますが、近い将来にはアプリ化してスマートフォンで撮影、そのままデータ化できるようにしたいと思っています。そのためには開発スピードを上げる必要があり、現在は教授の個人的な研究となっている部分を大学とアライアンスで取り組めるように働きかけています。

参加した感想と、どのような部分がメリットだと感じていますか?

発表することでビジネスが成長していくことを実感!

 私の思うAIDORアクセラレーションプログラムの構成要素は3つでした。一つはIoTに関する『技術』が学べるということ。もう一つは『ビジネス』のスキルや知識の修得。そして、最後の一つが『発表の場』があること。私は個人的に、最後の『発表の場』が大きかったと思っています。それまで自分のビジネスを人前で公に発表する機会はありませんでした。しかし、発表することで周囲からのリアクションがあり、新たな人とのつながりなども生まれ、ビジネスが発展していくことを感じました。例えば、AIDORアクセラレーションプログラムの最終成果を発表するデモデイでも5分間ピッチをさせていただき、幸運にも優勝することができたのですが、そこで投資家やベンチャーキャピタルの方々との出会いがあり、資金調達に向けて動き出すことができています。

プログラム応募方法

参加対象

  • IoT・ロボットテクノロジーを活用したビジネスで、起業をめざしている方(起業をめざす学生も可)
  • IoT・ロボットテクノロジーを活用したサービスの新規事業立ち上げや社内起業をめざしている方

参加資格

下記のすべての条件を満たしていること

  • IoT・ロボットテクノロジーを活用したビジネスプランもしくはビジネスアイデアを保有していること
  • パソコンの基本操作、Officeソフト(ワード、エクセル、パワーポイント)による データ作成技術を有していること
  • ソフトウェア開発または、ハードウェア開発の基本的な知識・技術を少なくともチームメンバー1名が有していること
    基本的なレベルの例
    RaspberryPiをベースにした簡単なセンサデバイスを作ったことがある、任意のプログラミング言語を使用しコーデンィングが出来るなど。
    判断が難しい場合は事務局にお問い合わせ下さい
  • ノートPCを持参できること(OSは問いません)
  • 15歳以上の方(未成年の方は、保護者の同意が必要です)

参加の流れ

  1. エントリーフォームを入力
  2. エントリーシートを提出
    *所定用紙にご入力いただき、事務局にメールでお送りいただきます。
    なお、エントリーシートのダウンロード先と、メールの送信先は、エントリーご連絡後の自動返信メールにてご案内いたします。
  3. 面談
    専門コーディネーターにビジネスプランについてお話いただきます。
    インタビューを通して、ステージやスキルに合った最適なプログラムをご提案します。
    また、本プログラムについての詳細のご説明をいたします。
  4. プログラムスタート

プログラム受講料

60,000円(学生30,000円)、チーム参加30,000円/1人

  • ※価格は税込
  • ※全講座受講の場合は、50,000円(学生またはチーム参加の場合は、25,000円/1人)に値引となります
  • ※ご参加いただかない講座・カリキュラム分は値引となります
  • ※詳細は受講前の面談の際にご確認ください
一人当たり受講料金(税込) 単独参加 チーム参加 学生
通常申込 60,000円 30,000円 30,000円
全講座受講(値引) 50,000円 25,000円 25,000円
基礎講座受講料 4,000円