Menu
インタビュー LBコア株式会社

建築に必要不可欠な検査時間を短縮し記録不要を実現する製品を開発

LBコア株式会社
代表取締役 中馬 行美氏

AIDORプログラムを通じて進めているビジネスは、どのようなものですか?

建築に必要不可欠な検査時間を短縮し記録不要を実現する製品を開発

当社は、建物が水平垂直に建っているかどうかを計測する「レーザー自動レベル機器」の専業メーカーです。昔は紐に錘をつけた「下げ振り」を基準として計測していました。2000年頃から「レーザー機器」が浸透し始め、当社では超小型「ラインボーイ」を開発、発売しました。2012年に「レーザー下げ振りラインボーイDポイント」を商品化しています。

しかしこの商品の販路拡大でネックとなったのが木造建築のしなりへの対応です。鉄骨の建物ではピタッと止まるレーザーポイントが、木造建築では木のしなりに合わせて揺れてしまい、正確な計測が困難でした。この問題を解決する製品とその事業化を目的にAIDORプログラムに参加し、大阪府立大学工業高等専門学校の土井智晴先生と学生さんたちの技術サポートを受けて、揺れ補正を行う「バイブレススケール」のビジネスプランを完成しました。

参加前の約一年、木造の揺れに対し「ラインボーイDポイント」本体の揺れを抑える方法について実験を繰り返していました。しかし思うほどの効果は生まれませんでした。その後レーザー光の揺れの規則性に注目し、受光器側にセンサーを組み込み、データ解析によって中心位置を検出するという解決法が見えてきました。今後はこの「バイブレススケール」で処理されたデータが作業者のスマートフォンにデジタル表示され、インターネット回線を経由してデーターベースに蓄積され、手書き作業せずに一括管理できるIoTシステムを構築する予定です。

AIDORに参加したきっかけと、参加当時のビジネスレベルを教えてください

まさに、私の知りたかったことが学べたAIDORプログラム

私は文系出身で、これまでの製品開発もほとんど独学でやってきました。しかし当時直面していた揺れ対策はメカを主体とした既存技術の延長線上では解決できないと思い、受光目盛のセンサー化について大阪府立大学工業高等専門学校の土井智晴先生に相談していました。

また社会がますますIoT化されていくことも感じていましたので、本格的に勉強しておきたい気持ちがあったんです。そんな時に土井先生から「AIDORプログラム」へのお誘いがありました。

試作用のセンサーデバイスの価格も昔に比べて下がっており、オープンソースソフトウェアを利用することで、私たちのような中小規模事業者でも取り組みやすい環境になっていることも感じていました。

IoTの基本構成、周辺情報を学びつつ、ビジネスプランとしてブラッシュアップできるかもしれない!そんな思いでAIDORプログラムへの参加を決めました。私にとっては、まさに求めていたものが、ちょうど天から降ってきた感覚です(笑)。

参加した感想と、どのような部分がメリットだと感じていますか?

想いを伝えることで、不安が自信に変わりビジネスが進み出した

座学での講義やワークショップを通じて、IoTに関する多くの知識を学ぶことができました。私としては、今回のビジネスプランを“アイデアレベル”ではなく、実際に新規事業としてクライアントに提案できるレベルにしたかったんです。それだけに、本業と並行して顧客への聞取り調査、市場調査、ピッチの準備を進めることは大変でしたが、それだけの成果はあったと感じています。

参加して良かったのは、周囲からのフィードバックがあったことです。例えば、ピッチは自分も行いますが、皆さんのピッチも聞きます。そして、メンターの先生方やコーディネーターの皆さまを含めて、お互いに感想や質問を投げあうので、自分だけで進めていると見逃しがちなところまで考えるきっかけとなりました。なんとこの「バイブレススケール」という名前もピッチ練習のなかでメンターの先生に命名して頂いたんですよ!

自分の想いを話す機会が増えたことも参加したメリットです。最終日のデモデイやIoT・ロボット関係のイベントで、私の想いやビジネスプランを伝える機会をいただきました。参加前は、想いはあっても自信はありませんでした。どちらかといえば不安の方が大きかったくらいです。しかし、メンターの先生方から「中馬さんらしさを出せば大丈夫です」というお言葉や、同期メンバーのピッチを聞いて、ビジネスプランだけでなく、その人の生き様を伝えることが大切だと感じました。プログラム終了後にメンターの先生方から「技術面や資金調達など、必要があればいつでも言って下さい。」と言ってもらい、ビジネスはこのようにして進んでいくのだと実感しました。想いを伝えることで、道は開けていくのだと思いました。

プログラム応募方法

参加対象

  • IoT・ロボットテクノロジーを活用したビジネスで、起業をめざしている方(起業をめざす学生も可)
  • IoT・ロボットテクノロジーを活用したサービスの新規事業立ち上げや社内起業をめざしている方

参加資格

下記のすべての条件を満たしていること

  • IoT・ロボットテクノロジーを活用したビジネスプランもしくはビジネスアイデアを保有していること
  • パソコンの基本操作、Officeソフト(ワード、エクセル、パワーポイント)による データ作成技術を有していること
  • ソフトウェア開発または、ハードウェア開発の基本的な知識・技術を少なくともチームメンバー1名が有していること
    基本的なレベルの例
    RaspberryPiをベースにした簡単なセンサデバイスを作ったことがある、任意のプログラミング言語を使用しコーデンィングが出来るなど。
    判断が難しい場合は事務局にお問い合わせ下さい
  • ノートPCを持参できること(OSは問いません)
  • 15歳以上の方(未成年の方は、保護者の同意が必要です)

参加の流れ

  1. エントリーフォームを入力
  2. エントリーシートを提出
    *所定用紙にご入力いただき、事務局にメールでお送りいただきます。
    なお、エントリーシートのダウンロード先と、メールの送信先は、エントリーご連絡後の自動返信メールにてご案内いたします。
  3. 面談
    専門コーディネーターにビジネスプランについてお話いただきます。
    インタビューを通して、ステージやスキルに合った最適なプログラムをご提案します。
    また、本プログラムについての詳細のご説明をいたします。
  4. プログラムスタート

プログラム受講料

60,000円(学生30,000円)、チーム参加30,000円/1人

  • ※価格は税込
  • ※全講座受講の場合は、50,000円(学生またはチーム参加の場合は、25,000円/1人)に値引となります
  • ※ご参加いただかない講座・カリキュラム分は値引となります
  • ※詳細は受講前の面談の際にご確認ください
一人当たり受講料金(税込) 単独参加 チーム参加 学生
通常申込 60,000円 30,000円 30,000円
全講座受講(値引) 50,000円 25,000円 25,000円
基礎講座受講料 4,000円